[PR]

 豊かな高山植物で知られる早池峰山(標高1917メートル)で携帯トイレを持つ登山者が増えている。昨年夏の調査では所持率が75・2%。3年前のピーク時と比べると13ポイント減少しているが、記録が残る10年前と比べると2倍以上になっている。

 昨年12月25日に盛岡市であったトイレのあり方などについて考える検討部会で報告された。トイレ以外の場所で用を足すと自然環境に影響を及ぼすため、ボランティア団体などが携帯トイレの普及活動を続けてきた。同時に、登山口には使用済みの携帯トイレの回収ボックスを設置するなど、ゴミ放置対策にも取り組んでいる。

 長年、携帯トイレの利用を促してきた地元ボランティア団体代表の菅沼賢治さんは、国内の国定公園の中でも高い環境意識だと評価し、「最近ではおしゃれな携帯トイレもあるので、さらに多くの人に普及させていきたい」と話した。

 花巻市と遠野市、宮古市にまた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら