拡大する写真・図版 エキシビションのフィナーレで、集まってポーズを取る高橋大輔(中央)ら出演者たち=北村玲奈撮影

[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権のエキシビションが25日、大阪・東和薬品ラクタブドームであり、来年3月にさいたま市である世界選手権代表に決まった女子優勝の坂本花織(シスメックス)や女子2位の紀平梨花(関大ク)、5年ぶりの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大ク)らが出演した。男子優勝の宇野昌磨(トヨタ自動車)は右足のけがで出演しなかった。

 「大ちゃん、おかえりなさい」のアナウンスで登場した高橋は、黒い衣装で「Guilty Crown」の曲にのせ、しっとりと舞った。アンコールでは2010~11年シーズンのショートプログラム(SP)、マンボのメドレーで「世界一」とも評されたステップを披露。最後のスピンで体勢を崩してしまったが、この日一番の歓声を浴びた。

 赤い衣装で登場した坂本は「キ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら