[PR]

 高さ約90メートルあるマンション自室のベランダからごみを投げ捨てたとして、兵庫県警は25日、神戸市灘区摩耶海岸通2丁目の無職の女(43)を廃棄物処理法違反の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 灘署によると、女は12月4日午前5時半ごろ、缶や生ごみなどが入った家庭ごみ1袋(重さ約3・3キロ)を、14日午前4時半ごろにはガラス瓶1本(同約150グラム)を、マンション31階の自室ベランダから地上に投げ捨てた疑いがある。ごみ袋は資材置き場に、瓶は路上に落ちたが、けが人はいなかった。

 10月にマンションの管理人が「ごみが落ちてくる」とパトロール中の署員に相談。署が捜査を進めていた。