[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのチケット販売方法の特徴を一言で言えば、「メリハリ」だ。安いものは出来るだけ安く、高いものは付加価値をつけて高く売る。

 五輪は、開閉会式のチケットが最低価格が1万2千円、最高価格が30万円。競技の最低価格が2500円、最高が13万円。最高価格は陸上競技(トラック&フィールド)についた。今年春から販売される。

 パラリンピックは、開閉会式の最低価格が8千円、最高価格が15万円。競技の最低価格が900円、最高が7千円だ。最高価格は水泳と車いすバスケットボールの2競技についた。五輪より割安で、今年夏から販売される。

 五輪、パラリンピックともに、20年にあやかった「2020円の企画チケット」がある。2~10人のグループに子どもやお年寄り、障害者が1人でもいれば、1枚が2020円になる。競技への割り当てや発券枚数は今後決めるが、組織委員会の担当者は「年齢や障害の壁を取っ払い、みなさんで大会を楽しんでもらいたい」と狙いを説明する。

 また、小中学校や自治体などで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら