[PR]

 4月に開所予定の神奈川県動物愛護センター(平塚市土屋)内にできる四つの部屋のネーミングライツ(命名権)を、県が募集している。同センター全体ではなく、「動物愛護」を象徴する部屋に愛称をつけることで、県民に親しまれる施設にする狙いだ。

 犬猫の殺処分ゼロが続くなか、県は現在、いまある県動物保護センターの老朽化が進んできたことなどから、隣接地に約11億円かけて建て替え工事を進めている。新しい県動物愛護センターは、これまでの動物を「処分するための施設」から「生かすための施設」へと転換。動物愛護の普及啓発の拠点とし、ボランティアとの協働の場にもする。

 今回、愛称の命名権を募集するのは、①譲渡会やイベント開催、犬のしつけなどが行える「ふれあいホール」(197平方メートル)②犬の室内飼養のモデルルームの「WAN(ワン)ルーム(犬)」(10平方メートル)③猫の室内飼養のモデルルームの「NYAN(ニャン)ルーム(猫)」(10平方メートル)④犬猫のシャンプーやトリミングを見学可能な「グルーミング室」(23平方メートル)の4部屋。

 契約期間は4月1日から5年間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら