[PR]

 インターネットで外国人向けに日本の観光やグルメなどの情報を発信する英字サイト「ガイジンポット(GaijinPot)」が、国内の観光地ランキングを発表し、鳥取県が1位になった。鳥取砂丘や大山などの自然や人気アニメの聖地であることが評価されたという。

 運営会社のジープラスメディア(東京都港区)によると、サイトは月に770万回ほど閲覧され、国内最大級という。ランキングは「Top 10 Japan Travel Destinations For 2019」の題で、2019年に訪れるべき観光地として国内10カ所を紹介。福岡市(2位)や東京・代官山(3位)を退け、県が1位になった。

 ランキングは、外国人ライターや同社の編集者が「19年に重要なイベントがある」など独自の評価基準をもとに選定。名探偵コナンなどのアニメゆかりの地であることや、大山(大山町)や鳥取砂丘(鳥取市)などの自然の豊かさが評価された。アドレナリンの出る、最も危険な日本の国宝として投入堂(三朝町)が紹介されている。

 県が1位になった理由について…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら