[PR]

 昨夏、金足農(秋田市)の一員として旋風を起こしたのは、日本ハムの吉田輝星投手(17)。平成最後の年明けに、高校野球の思い出や抱負などを聞いた。

 高校生活は、今までの人生の中で一番濃い3年間でした。(昨夏の)甲子園は楽しかった。一番印象に残っているのは、準々決勝の近江(滋賀)戦。スクイズが得意なチームとして、(九回裏の2ランスクイズという)理想の形で逆転できました。

 日に日に注目が集まり、「やってやろう」と仲間のモチベーションも上がりました。ただ、決勝はもっと気を引き締めればよかった。2年の時は1人で試合を背負うことが多かったけれど、仲間を信頼するチームワークが重要と学びました。甲子園があったから、メンバーとさらに仲良くなれたなあって感じます。今も野球部のメンバーと、学校で昼ご飯を食べながら話します。

新しくキャプテンになった吉田投手。そこから考え方も変わっていき、「金農旋風」につながります。

 新チームをまとめるキャプテン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら