[PR]

 富山市公設地方卸売市場の初市が5日早朝、同市掛尾町の市場で開かれた。場内には卸売業者の威勢の良い声が響き、仲卸や小売業者が新鮮な魚や野菜を手やりで競り落としていった。

 水産物部では午前5時半に場内のベルが鳴り、小売業者らが魚を囲んだ。近海で取れたブリや小型のマグロなどが並び、6・6キロの大物のタイ(新湊産)が5万円で競り落とされた。

 卸売業「富冷」によるとアジやサバが豊富で取引が増える見込み。スルメイカも急増中という。同社の中橋一・営業本部長は「全体の水揚げ量は多くないが、ブリが取れているので期待感のある初日だ」と話した。

 青果部には県内産の白菜やカブ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら