[PR]

 華道家元池坊(いけのぼう)の山梨県支部が、JR甲府駅の改札前に高さ約2メートルの生け花の正月飾りをつくった。ヤナギや赤い実が目を引くナンテン、黄色いオンシジウム、白いユリの花が生けられ、駅の利用客らが写真を撮るなど楽しんでいる。来年1月10日まで飾られる。

 同支部は駅構内に生け花を展示する活動を半世紀ほど続けている。約15年前からは、正月の帰省客を迎えようと改札前に大型の生け花を展示している。

 26日に支部の役員ら12人が生け込みをした。納富正子支部長(62)は「改札を抜け、華やかな生け花を目にして、『ただいま』という気持ちになってもらえればうれしいです」と話していた。(野口憲太)