[PR]

 静岡市葵区のバー「トリスタン」の店内を、ステンドグラスの明かりが優しく照らす。洋酒の瓶が並んだカウンターの奥でシェーカーを振るのは、店を一人できりもりする鈴木章予さん(34)。短い髪、白いシャツにベストという姿が、爽やかな印象を与える。

 鈴木さんは女性として生まれたが、心は男性として生きるFTM(Female to Male)だ。元号が平成に変わったばかりの幼稚園の頃、初恋をした。相手は近所の女の子だった。女の子の服を着せられることや髪を伸ばすことが嫌で、「かわいい」よりも「かっこいい」と言われたかった。

 日本で初めて同性愛者のパレードが行われた1994(平成6)年は、小学5年生だった。パレードの様子はテレビで見た。「どうして全員顔にモザイクがかかっているんだろう?」と疑問に思った。同じ頃、人気の男性タレントが同性愛者をからかうようなキャラクターをテレビで演じ、クラスのみんながまねをして笑っていた。「女の子を好きなことがばれたら、自分も同じように笑われる」。自然と口数が減った。

     ◇

 96年、中学生になると、「性同一性障害」という言葉を知った。「男として女が好き」なら楽になれるかも――。そう思ったが、同時に性別適合手術の大変さも知った。「自分らしく生きる道が他にあるのでは」と手術以外の道を自然と模索するようになった。

 「心と体の性別が違うんだよね…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら