拡大する写真・図版 JR下関駅の構内には、フグになりきる顔出し幕もお目見え=山口県下関市

[PR]

 フグの街・山口県下関市をアピールしようと、「ふくの本場下関」と書かれたヘッドマーク付きの普通列車が26日、JR下関駅を出発した。

 同県出身の初代総理大臣、伊藤博文がフグ食を解禁して今年が130年になるのにちなんだ。来年3月までJR山陽線沿線の山口と広島、岡山3県を巡る。

 下関では「福」にかけて「ふく」と呼ぶフグ。近年は、大分や長崎などもライバルとして台頭するが、JRの担当者は「本場下関で食べて口福(こうふく)に」。