[PR]

 動物写真家の岩合光昭さんが茨城県笠間市など陶芸の町で撮影したネコたちを中心にした写真展「ほっこりネコ『やきものの里のネコ』より」が12日から、筑西市のしもだて美術館で開かれる。3月3日まで。

 岩合さんは世界各地の野生動物や自然をカメラに収める一方、身近なネコの撮影をライフワークとし、国内、世界を問わずネコを取材している。

 今回の写真展では、陶芸の町として知られる愛知県常滑市、岡山県備前市、佐賀県伊万里市などで撮影した「やきものの里のネコ」を中心に約180点を展示。いずれも人と寄り添いながら穏やかに暮らす猫たちの「ほっこり」した姿を楽しめる。

 陶芸作品と一緒にウッドデッキ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら