[PR]

 彦根市で酒販店を営む前谷吉伸さん(39)が、東北から九州まで全国35の酒蔵を紹介する本「日本の美しい酒蔵」(エクスナレッジ)を出版した。大学で建築を学んだ恩師と先輩との共著で、お酒の味には触れず、建築としての性格に焦点を絞った異色の酒蔵ガイドだ。

 前谷さんは彦根市船町で1913(大正2)年から続く「酒舗まえたに」の4代目。彦根東高校在学中に、古い醬油(しょうゆ)蔵を改装して現在の店舗にしたことで建築に興味を持ち、関西大工学部で建築を専攻。大学院の修士論文は酒蔵をテーマに選んだ。

 建築事務所勤務を経て彦根に帰郷。家業のかたわら、個人で建築設計も手がけている。今回の出版は、指導を受けた木下光・関大教授と、研究室の先輩で大阪で建築事務所を営む東野友信さんとの共著になる。

 紹介した蔵は秋田県から佐賀県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら