[PR]

 熊野那智大社(那智勝浦町那智山)は27日、別宮飛瀧神社のご神体である那智の滝(落差133メートル)の滝口のしめ縄を張り替えた。7月の例大祭「那智の扇祭り」(那智の火祭り)と正月の前に行う恒例行事。

 白装束の神職ら5人が新しいしめ縄(長さ約26メートル、太さ約6センチ、重さ約4キロ)を担いで山道を上り、命綱をつけた上で滝口へ。冷水の中を落ち口のギリギリまで進み、流れの両側の木に渡し直した。(東孝司)