[PR]

 今回は、子どもがかかりやすい急性中耳炎についてお話しします。

 急性中耳炎は、鼻の奥の鼻咽腔(びいんくう)に付着した細菌が、耳管(じかん)と呼ばれる、鼻咽腔と耳(中耳腔(ちゅうじくう))をつなぐ管を介して、中耳腔に感染することにより起こります。乳幼児(0歳~6歳ころ)では、鼻と耳をつなぐ耳管が大人に比べて水平で短く、太いため、鼻咽腔で増殖した細菌が大人よりも容易に中耳腔へ侵入、感染し、急性中耳炎を引き起こします。子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、このためです。

 急性中耳炎の原因菌は、肺炎球菌やインフルエンザ菌などが多いのですが、小児の鼻咽腔には高い割合でこれらの細菌が存在しています。これらの細菌がかぜなどのウイルス感染の後に鼻咽腔で増殖し、耳管を介して急性中耳炎を起こす機会が多くなるのです。

 急性中耳炎の治療は抗菌薬の投与が中心となりますが、近年、抗菌薬が効きにくい薬剤耐性菌による中耳炎が増えています。耐性菌により急性中耳炎が治りにくく、また反復する症例が多くみられます。耐性菌による中耳炎が増えた原因としては、抗菌薬の不適切な使用などが考えられます。抗菌力の不十分な抗菌薬を少ない量で使用することによって細菌が残存し、さらに増殖するのです。

 また、低年齢の集団保育が増えていることも中耳炎の反復・悪化を招く社会的な要因と考えられています。通常2歳ごろまでは免疫能が低く、健康なお子さんでも感染に弱いと言われています。集団保育は、かぜなどのウイルスに感染する機会が多く、特に免疫が弱い時期のお子さんの感染機会が多くなります。

 前述した耐性菌を持っているお子さんが一人でもいると、鼻水などを介して保育園内で耐性菌が蔓延(まんえん)してしまっていることも多いです。耐性菌によって急性中耳炎になり、また悪化するリスクも高くなると考えられています。

 治療が難しくなっている急性中耳炎に対して、耳鼻咽喉(いんこう)科医も対策を講じています。2006年にはガイドラインを作成し、「まず適切な抗菌薬を適切な量で投与する」「軽症の中耳炎には抗菌薬を投与しない」といった治療法の統一を図っています。これらの対策を始めてから急性中耳炎の患者数はあまり変わらないものの、重症化する症例が減少しているそうです。

 中耳炎の原因菌として重要な肺炎球菌については10年からワクチンが任意接種として導入され、13年4月からは定期接種(生後2カ月から15カ月の間に4回接種)が行われていますが、このワクチンは中耳炎を引き起こす菌の全てに対応しているわけではないので注意が必要です。

 繰り返される中耳炎に対しては、可能であれば免疫力が高まるまでの期間、保育園や幼稚園を休ませたり、服薬コンプライアンスの徹底を指導したりしています。服薬コンプライアンスは、せっかく適切な薬を処方してものまなければ意味がないため、薬をきちんとのんでもらうことです。

 中耳炎の治療としては、手術治療のほか、最近は漢方薬による治療なども注目されています。

 手術としては、内服薬では高熱が改善しないような場合に鼓膜を切って、鼓膜の奥の液体を出す「鼓膜切開術」や、急性中耳炎を頻繁に繰り返す場合に鼓膜にシリコン製の小さなチューブを留置する「鼓膜チューブ留置術」があります。

 急性中耳炎は小児科のみで治療される場合もあると思いますが、急性中耳炎に続いていつの間にか、鼓膜の奥に液体がたまる滲出性(しんしゅつせい)中耳炎や、鼓膜に陰圧がかかってへこみ、奥の骨にくっついてしまう癒着性中耳炎、鼓膜のへこみが高度になり骨を破壊する真珠腫性中耳炎といった別の中耳炎に移行し、手術が必要になる場合もあります。

 急性中耳炎になった際には、鼓膜をしっかり診察できる耳鼻咽喉科を受診されることをお勧めします。

<アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hirosaki/(弘前大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科学講座助教 武田育子)