[PR]

 鹿児島県沖の排他的経済水域(EEZ)内で、違法操業の疑いのある中国漁船が先月、立ち入り検査で乗り込んだ水産庁職員12人を乗せたまま、停船命令に従わず、約12時間にわたって航行を続けていたと水産庁が27日、明らかにした。水産庁の漁業取締船「白萩(しらはぎ)丸」などが近くを走り続け、職員にけがはなかった。「悪質な事案」として、外交ルートを通じて中国側に抗議したという。

 同庁によると、11月5日午前、取締船が中国船を見つけた。日中漁業協定に基づいて双方が操業できる「中間水域」よりは、やや日本側だったという。違法な底引き網漁をしている疑いがあるとして立ち入り検査を始めたが、漁船が移動を続けたという。取締船や海上保安庁の船が近くにおり、水産庁の職員は立ち去ることもできたが、検査のためとどまった。同日夜に職員全員が取締船に戻った。

 一方、中国外務省の華春瑩副報道局長は27日の会見で「中国漁船が(日中漁業協定の)境界線を越えた事実はない。我々は日本水産庁がいわゆる乗船検査を行ったことに強烈な不満を表明する。日本が中日漁業協定を順守し、中国漁船の操業を妨害しないことを望む」と語った。