[PR]

 シェアハウス融資の不正問題を起こしたスルガ銀行(静岡県沼津市)は27日、創業家のファミリー企業への寄付を借金返済に充てるなどの不正があったとする報告書を公表した。スルガ銀は不正で損失が出たとして、創業一族の岡野光喜前会長ら現旧取締役5人に計約32億4400万円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こした。シェアハウス問題での賠償請求に続く追加提訴となる。

 スルガ銀が設置した取締役等責任調査委員会(委員長=小沢徹夫弁護士)の報告書によると、2012~17年に計8回にわたり計47億円が美術品購入などの名目でファミリー企業に寄付され、うち38億円が別企業を経由し、ファミリー企業のスルガ銀からの借金返済に充てられていた。寄付は岡野前会長の実弟の岡野喜之助・元副社長(故人)の主導で行われ、調査委は「銀行への返済資金などを融通することが目的だったことは明らか」と認定した。47億円分の寄付全額が損失だとした。

 またファミリー企業が持つスルガ銀株について、同行からの借金の担保設定を15年に解除する際、回収すべき資金を求めず、6億円超の損害が出たという。

 ファミリー企業への融資残高は…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら