[PR]

 「ガーリック レベルマックス」「デートの前はほどほどに…」とうたう「こんぴらにんにくカレー」が、香川県琴平町に誕生した。町特産のにんにくが、ジャガイモと同じようにかけらで入り、強いニオイが食欲をそそる。担当者が「万人受けは狙っていない」と言い切る個性派だ。

 町内のNPO、商工会、農協が2010年に立ち上げた「ガーリック侍」シリーズ。「旨(うま)み味噌(みそ)」など最初の3商品に続く、8年ぶりの新作だ。原則として町内だけで販売してきた3商品の売り上げが減ってきた3年前、シリーズ全体にてこ入れする起爆剤としてレトルトカレーに目を付け、開発に着手した。

 「好きじゃない人には抵抗あるぐらいでいい」と割り切り、1食200グラムにすべて町産のにんにく10グラムを使用。町内の食品会社と量だけでなく、すったり刻んだり調理法も試作を重ね、するだけでなくかけらをそのまま入れることにした。

 中辛のみで税込み540円。町内の取扱店を増やしつつあり、高松市の栗林公園にある「栗林庵」でも販売中。町商工会の住谷健治さんは「パワースポットのこんぴらさんにお参りした後、カレーからもパワーをもらって元気になってほしい」。問い合わせは町商工会(0877・73・5525、1月3日まで休み)へ。(三島庸孝)