【動画】海上自衛隊の哨戒機が撮影した当時の映像=防衛省提供
[PR]

 海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、防衛省は28日、哨戒機が撮影した当時の映像を公開した。防衛省ホームページ(http://www.mod.go.jp/別ウインドウで開きます)から見られる。約13分7秒の映像には、レーダー照射を受けたとされる瞬間、韓国軍艦艇への再三の呼びかけなど生々しいやりとりもある。「証拠」を広く公開した日本側に対し、韓国側は反発した。

 海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍艦艇から火器管制レーダーの照射を受けたとされる事案の発生から8日目。防衛省が映像の公表に踏み切ったのは、レーダー照射を否定し続ける韓国側との主張の隔たりが埋まらないと判断したためだ。

 岩屋毅防衛相は28日の会見で「火器管制レーダーの照射を受けた事実を裏付ける具体的な証拠を有している」と強調。公開理由について「国民や国際社会に、日本は適切に自衛隊の運用を行っていることを理解いただきたい」と話した。

 日韓防衛当局間は、ぎくしゃくした関係が続く。10月に韓国であった国際観艦式では、旭日旗(きょくじつき)の掲揚をめぐり海自護衛艦が参加を見送った。今月には韓国海軍が、日韓両国が領有権を争う竹島(韓国名・独島(トクト))を防衛する演習を行うと発表し、日本が抗議した。

 ただ、岩屋氏は会見で「日韓間には様々な困難もあるが、安全保障上は極めて重要な二国間関係だ」とも指摘。防衛当局間の交流を続ける方針を示した。その上で、「もし自分たちの側に非があれば、友好国だから『申し訳なかった。二度と起こさない』と互いに話ができる関係を築きたい」とも述べ、日韓関係の傷口を広げる事態は避けたいとの思いをにじませた。

 これに対し、韓国国防省は28日、防衛省が映像の公表に踏み切ったのを受けて「韓日当事者間が協議を通じて相互の誤解を払拭(ふっしょく)する趣旨で実務協議を開催したわずか1日後に日本側が映像を公開したことに深い憂慮と遺憾を表明する」とした報道官談話を発表した。

 27日に日韓防衛当局担当者ら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら