[PR]

 年の瀬が迫る27日、シェアハウス融資の不正に揺れたスルガ銀行(静岡県沼津市)が、新たな「調査報告書」を公表した。

 スルガ銀が設置した外部弁護士らでつくる「取締役等責任調査委員会」(委員長=小沢徹夫弁護士)が調べたのは、長年経営トップだった岡野光喜前会長兼CEO(最高経営責任者)ら創業家・岡野一族のファミリー企業をめぐる不透明なお金の流れだった。シェアハウス融資の不正問題で立ち入り検査した金融庁が、不適切な融資や寄付の実態をあぶり出し、対応を求めていた。報告書から見えてきた不透明な資金の流れとはどのようなものだったのか。

 スルガ銀は1895年の設立か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら