[PR]

 英国のウィリアムソン国防相は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が英国の次世代通信規格「5G」通信網に参入することに対し、「重大で、非常に深い懸念を持っている」と述べた。英紙タイムズが27日に報じた。

 同紙によると、英国の閣僚が参入に反対姿勢を示すのは初めて。英国では民間企業が5Gの整備で華為製品を一部排除しているが、政府レベルでも対応を検討する可能性がある。

 同紙によると、国防相は華為の参入を認めれば中国のスパイ活動に使われる恐れがあると懸念しているという。米国やオーストラリアなど同盟国が華為の製品を事実上締め出す動きを強めているのを踏まえ、英国も安保上のリスクを抜本的に見直す必要性を示した。

 英国の通信大手BTグループは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら