[PR]

 1皿100円の全国チェーン店が並ぶ山陰の都市で、すし弁慶(鳥取県米子市)は、行列ができる回転ずし店として人気を博す。シャリを握る機械や、魚やサイドメニューの下処理を行う「セントラルキッチン」に、おいしさのノウハウが詰まっている。

 店内では、1皿120円~480円のすしが回るレーンの奥で、氷で冷やされた魚や貝がさばかれるのを待つ。ネタは全国各地から集められるが、店内に張り出されたオススメには、必ず地元・境港産のネタが記されている。ただ、本社横にある「すし弁慶」以外の5店の名前は「北海道」。

 その名前は、創業者の渡部光典…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら