[PR]

 年末年始を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュがピークを迎え、JR甲府駅は30日、家族連れや出迎えの人たちで混雑した。

 東京都足立区の会社員、山本剛樹(たかき)さん(41)は家族3人と実家がある甲府市に帰省した。長女の小学3年、瑠那(るな)さんは「スケートやスキーに連れて行ってもらうの」と話し、出迎えの祖母に抱きついた。

 JR東日本八王子支社によると、中央線下りの特急は30日が混雑のピーク。新宿駅からの指定席は始発から夕方までほぼ満席だった。自由席乗車率も130%を超えた。31日も下りの混雑は続くという。上りのピークは1月3日。

 また、中日本高速道路は、Uターンが集中する1~3日の午後を中心に、中央自動車道上り小仏トンネル付近で渋滞発生を予想している。最も激しい渋滞は2日午後4時ごろで25キロ。(河合博司)