拡大する写真・図版 28日、ロンドン中心部にあるHMVの店舗の前を歩く人たち=ロイター

[PR]

 英国の音楽・映像ソフト販売大手HMVは28日、大手会計事務所KPMGを管財人に指名し、事業継続のための支援企業を探すと発表した。事実上の経営破綻(はたん)になる。HMVは2013年にも経営破綻したが、投資会社から支援を受けて事業を継続した。しかし、インターネットによる配信サービスの利用が広がる中、今年のクリスマス商戦は低迷。来年も市場の落ち込みが予想され、業績回復のめどが立たなくなった。HMVのマクゴーワン会長は声明で「消費者の行動の劇的な変化などの津波に耐えることができなくなった」と説明した。

 HMVは90年に日本に進出したが、日本事業を担う子会社は07年に大和証券系の投資会社に売却。10年にはローソンが買収して今は資本関係がなく、直接の影響はないとみられる。(ロンドン=寺西和男)