朝日新聞政治部の記者で、膵臓(すいぞう)がんを患いながら、朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.」にコラム「書かずに死ねるか」を連載していた野上祐(のがみ・ゆう)さんが28日、死去した。46歳だった。

 1996年に朝日新聞に入社し、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として勤務していた2016年1月にがんの疑いを指摘され、翌月手術した。

 17年9月からは毎週土曜に連載を開始。政治や報道のあり方、福島の復興、がん患者としての体験などをつづった。最終回になった29日のテーマは「悩みへの対処法」(https://dot.asahi.com/dot/2018122700157.html別ウインドウで開きます)。会いたい人に会えないときや決断に迷ったときの対応について、過去の自身のコラムに触れながら、「変えられないことは受け入れる」と書いた。

 連載をまとめた書籍「書かずに死ねるか 難治がんの記者がそれでも伝えたいこと」が朝日新聞出版から19年2月20日に出版されることが決まっている。葬儀は近親者で執り行う。