[PR]

 沖縄進出を検討している会員制の米国系大型スーパー「コストコ」を運営するコストコホールセールジャパン(川崎市)が、南城市へ出店の意向を伝えていることが28日、分かった。関係者によると、那覇空港自動車道と接続する県計画の地域高規格道路「南部東道路」のつきしろインターチェンジ(IC)周辺が有力候補地に挙がっている。交通の利便性向上が期待されるエリアで、幅広い客層の取り込みを期待しているとみられる。

 同社は数年前から沖縄進出を検討し、人口が集中する本島中南部で出店用地を探していた。これまで「沖縄は全国にいくつかある検討地域の一つ」と述べるにとどめていたが、関係者によると今年、同社幹部が南城市役所を訪れ、出店の意向を伝えたという。

 同社は担当者不在を理由に具体的な内容を明らかにしておらず、出店時期や規模は不明。ただ、南部東道路は「平成30年代前半」の暫定供用開始を目指している。

 また、出店条件として(1)半…

この記事は有料会員記事です。残り419文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
関連ニュース