[PR]

 秋田公立美術大学の大学院生が、一風変わった展覧会を秋田市内で開いている。昨年、県外の4人のアーティストによる秋田滞在企画を実施。彼らの「展覧会の外」での思考や言葉、出来事や、滞在によって生み出されたものを追える楽しさがある。

 企画したのは大学院2年の藤本悠里子さん(24)。将来、展覧会などの企画や運営をする「キュレーター」になることをめざす中で、修了研究としてこの試みを思いついた。

 昨年9月、現代美術に携わる関西の若手アーティスト(寺岡海、神馬啓佑、船川翔司、来田広大の4氏)に約2週間、秋田の同じ家で共同生活をしてもらった。その間は創作活動をしなくてもよいとし、彼らの生活に密着し、日々の出来事をウェブサイト(https://summerstatement.mukousangenryodonari.cloud/別ウインドウで開きます)で発信、更新した。

 「ウェブを見た人に、自分とア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら