[PR]

 29日午後9時50分ごろ、津市本町の国道23号で、タクシーと乗用車が衝突する事故があり、タクシーの運転手と乗客2人が死亡した。さらに乗客1人が重体、乗客と乗用車の運転手の計2人が重傷を負った。

 津署によると、死亡したのはタクシー運転手の野村達城さん(44)=津市戸木町▽乗客で助手席にいた会社役員永田誠紀さん(58)=津市豊が丘▽後部座席の中央にいた会社員横井大和さん(37)=津市川方町。

 同じく乗客だった会社員大西朗さん(31)=津市片田新町=が意識不明の重体。乗客の会社員萩野将志さん(28)=津市阿漕町津興=と、乗用車を運転していた会社役員末広雅洋さん(56)=津市白山町=が重傷。

 現場は片側3車線の直線。津署によると、国道沿いにある和食店の駐車場から国道に出たタクシーと、中央の車線を南に直進してきた乗用車が衝突したという。タクシーは右側面が大破し、車内の5人は閉じ込められた状態だった。

 乗客4人は空調設備会社の同僚らで和食店で忘年会を開き、2次会に向かうため、タクシーを呼んだとみられるという。