写真・図版

[PR]

 30日午前7時45分ごろ、京都府綾部市小呂町(おろちょう)の舞鶴若狭自動車道の上り線で、単独事故を起こした軽乗用車に後続の大型トラックが追突した。京都府警によると、軽乗用車を道路脇に移動させていた男女2人もこの際にはねられて死亡。府警は、トラックを運転していた福岡県春日市の男性(62)から事情を聴いている。

 高速道路交通警察隊によると、亡くなったのは福井県小浜市の会社員、増山貴也さん(44)と、軽乗用車を運転していた20代とみられる女性。軽乗用車の後ろを走っていた増山さんが単独事故に気づいて停車し、2人で車を押していたところにトラックが突っ込んできたという。はずみで路肩に止まっていた増山さんの車なども巻き込まれたが、車内にいた増山さんの家族にけがはなかった。

 現場は片側2車線で下り坂の緩やかなカーブ。路面には積雪があり、最高速度は50キロに規制されていた。この事故の影響で、綾部インターと綾部ジャンクション間(約4キロ)が上下線で一時通行止めになった。