拡大する写真・図版 水中を泳ぐ「黒黄黄」。翼には黒と黄色のリング=2019年1月30日午後0時14分、青森市の浅虫水族館、板倉大地撮影

[PR]

 青森市の浅虫水族館にいるペンギンたちの名前が、一風変わっている。「黒(くろ)」や「赤白(あかしろ)」、「黄黄黄(ききき)」。いったいどうして、こんな名前をつけたのか。

 「黄黄(きき)はサンマを持って行くと私の足をかじってきます。黒黄黄(くろきき)はガラス越しに手をかざすと追いかけてきますよ」。飼育担当の加藤愛さん(23)は楽しそうに話す。

 加藤さんによると、1984年に水族館でペンギンを飼育し始めた時から、色を組み合わせた名前をつけているという。「黒黄黄」の右の翼の付け根には小さな黒い輪(リング)が1個、左翼には黄色いリングが2個ついている。どうやらこのリングが名前に関係しているようだ。

 浅虫水族館のペンギンたちの命名のしかたは、SNS上でも「雑だ」「変わっている」と話題。加藤さんは「ペンギンを見分けるために、わかりやすくしている」と話す。

 ペンギンは顔にある斑点などの大きさや位置が区別しにくく、他の動物に比べて個体の見分けがつきにくいという。サンマなどのエサを持って行くと一斉に集まってくるため、どのペンギンがあまり食べられていないのか、把握するのが難しい。

 そこで、一羽一羽を見分けるために色の違うリングを翼につけ、その色をそのまま名前にしているという。リングで個体を見分ける例はほかの水族館でもあるというが、「色をそのまま名前にしてお客さんにも伝えているところは珍しい」と加藤さん。

 ひなが生まれたときには、母親の名前と同じリングを左の翼につけるのがルール。たとえば「黄黄黄」の場合は、母が「黄黄」なので左に黄色のリングを二つつけ、右にも黄のリングをつけたので、名前が黄黄黄に決まった。

 つまり左の翼のリングを見れば、どのペンギンがきょうだいなのかも一目瞭然。加藤さんは「お客さんには一羽一羽に目を向けてもらえると思う」。

 八戸市から訪れていた女性(4…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら