[PR]

 気象庁は31日、関東甲信地方で夕方から夜にかけて雪が降り、関東平野部の一部でも雪が積もると発表した。東京都心では今のところ積雪の可能性は低いという。前線を伴う低気圧が伊豆諸島に接近するため、夕方から雨が降り、気温が下がり始める夜から雪に変わる見込みだ。

 2月1日午前6時までの24時間降雪量は多いところで、関東平野部で3センチ、神奈川県の箱根から東京都多摩地域、埼玉県の秩父地域にかけてで5センチ、関東北部の山沿いで20センチ、甲信で30センチと予想されている。

 東京の都心は乾燥した天気が続き、1月の30日までの降水量は計0・5ミリで、平年(52・3ミリ)を大幅に下回っている。雨が降れば15日以来となる。