[PR]

 全日本写真連盟あおい支部の初めてとなる写真展「写真がいっぱい」が静岡市葵区追手町のしずぎんギャラリー四季で開かれている。無料。6日まで。

 同支部の30~80代の会員10人が撮影した、路地裏の風景や子ども、動物など、テーマに縛られない様々な写真約90枚を額や縁のない大型パネルで展示。あえて題名も付けず、同支部顧問の中村明弘さん(72)は「写真そのものを自由に味わってほしい」と話す。

 函南町から来た加藤利光さん(80)は「額のない展示の仕方が斬新。どの作品からもドラマが伝わってきて感動した」と話した。(佐々木凌)