[PR]

 「むすび丸」など宮城県内の36のキャラクターが登場し、楽しくウォーキングができるスマートフォン用アプリを県が開発した。地図上に現れる各キャラクターから求められた歩数を達成すると、抽選で景品が当たる。

 位置情報を利用した一般向けアプリ「aruku&(あるくと)」を県内向けにアレンジし、「みやぎウォーキングアプリ」と名付けた。登場するキャラクターは岩沼市の「岩沼係長」、気仙沼市の「海の子ホヤぼーや」、南三陸町の「オクトパス君」など。歩き始めるとキャラクターが現れ、タップすると「一緒に500歩歩こう」などと目標のメッセージが出る。スマホに内蔵された歩数計でカウントし、一定の目標を達成すると、プロ野球・楽天のユニホームや百貨店の商品券などが当たる。

 県によると、県内の20~64歳の人が1日に歩く平均歩数は、男性が7千歩、女性は6398歩で、健康のために必要とされる歩数に2千歩以上及ばない。アプリでは、地図上に自分のいる位置から1500歩先の範囲も表示。そこまで歩くと「1500歩達成」のメッセージが出るなど、ウォーキングを後押しする。

 無料アプリ「aruku&」を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら