拡大する写真・図版 伊藤忠とデサントの対立構図

[PR]

 伊藤忠商事の小関秀一専務(繊維担当)が31日、大阪市内で記者団の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

 ――デサント株式の公開買い付け(TOB)を決めた理由は。

 「昨年秋、デサントの経営陣がファンドと組んで自社株式の買い取り(MBO)をしたいと持ちかけてきた。巨額の借り入れを伴う無謀な計画で、到底受け入れられない。このままだとラチがあかず、一気にTOBしようと決めた」

 ――デサントの経営のどこに問…

この記事は有料会員記事です。残り521文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り521文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り521文字有料会員になると続きをお読みいただけます。