[PR]

 東京都港区は31日、2019年度予算案を発表した。一般会計予算は今年度比1・9%増の1415億7千万円で、児童相談所を含む複合施設「港区子ども家庭総合支援センター(仮称)」の建設費など約6億6千万円を盛り込んだ。センターは8月に着工し、21年4月の開設を目指す。

 センターの建設予定地は、広い土地を国から取得できた同区南青山で、周辺の一部住民らが「土地の価値を下げないで」などと反対している。区は「子育ての相談、児童虐待への迅速な対応のために必要」として、理解を深めてもらうための区広報の臨時特集号を発行している。

 担当の子ども家庭課によると、昨年12月の住民説明会の様子が報道されてから年末までに、400件以上の意見が電話やメールなどで区に寄せられ、その7割以上が「つくってほしい」など計画に好意的な意見だったという。(中山由美