写真・図版

[PR]

 的を狙って息を吐き出して矢を放つ「スポーツ吹矢(ふきや)」が、中高年を中心に広まっています。腹式呼吸と胸式呼吸を組み合わせた動作がベースになっており、様々な健康効果も期待できるということで挑戦してみました。

 1998年に日本スポーツ吹矢協会(東京都)が設立されたことをきっかけに普及し、現在は全都道府県にある1300カ所以上の支部を拠点に、10万人以上の愛好者がいるという。同協会の銀座教室で、上級公認指導員の石黒寛明さんに基本動作を教わった。

 必要な道具は、長さ約120センチか約100センチの筒と、プラスチックフィルム製の先が丸くなった矢。上級者は10メートルの距離から直径24センチの的を狙うが、初心者ということで6メートルからスタートした。

 まず、的の正面に立って一礼。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら