写真・図版

[PR]

患者を生きる・食べる「ギラン・バレー」(5:情報編)

 ギラン・バレー症候群(GBS)は、脳からの情報を筋肉などに伝える末梢(まっしょう)神経が侵されて、まひやしびれなどが出る病気だ。患者は人口10万人あたり年間1人程度で男性にやや多い。

 重症だと全身がまひしたり、人工呼吸器が必要になったりすることもある。杏林大学医学部の千葉厚郎(ちばあつろう)教授(59)=神経内科=は「手足のしびれが急速に進行したり、1日以上続いたりした場合は、なるべく早く神経内科を受診してほしい」と話す。

 原因はウイルスや細菌など外敵…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら