[PR]

 高齢女性の社会での活躍に向けた鹿児島市シルバー人材センターの取り組みが注目を集めている。美容講座やファッションショーで会員は急増。かつての経験を生かし、子育てや介護のケアにあたる人もいる。「鹿児島方式」が各地に広がりつつある。

 「化粧水はコットンに取って」「チークは頰より少し高い位置に」

 鹿児島市で1月30日、60代女性限定のファッションイベント「シニアビューティアップ講座」が開かれ、約150人が集まった。化粧品会社のスタッフが高齢女性をモデル役に、若々しく見える化粧や洋服の着こなしをアドバイスした。

 主催したのは鹿児島市シルバー人材センター。センターの藤山幸一理事長(64)は数年前、センターの会員が女性は約800人で男性の半数以下であることに気づいた。60歳以上の市民は女性が約11万人と男性より約2万6千人多い。「埋もれている女性の力を生かしたい」と、女性会員を増やすイベントを企画した。

 2017年1月の美容講座を皮切りにファッションショーなどを計4回開催。昨年11月は女性会員が「ダンシング・ヒーロー」の軽快な音楽に乗って歩くファッションショーを開き、「第二の人生を生き生きと活躍出来る舞台 それこそシルバー人材センター」とうたうチラシも配った。

 効果は表れ、17年3月に10…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら