[PR]

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催されたサッカーアジア杯の決勝で1日、中東カタールが日本と対戦した。一昨年から続くUAEなどとの断交問題の影響で自国サポーターがほとんどいない「完全アウェー」での試合を強いられるなか、決勝まで勝ち上がり、日本を下して初優勝を飾った。

 1月29日に首都アブダビで行われた準決勝のUAE戦。スタジアムを埋め尽くした約3万8千人のほとんどはUAEのサポーターとみられ、観客席は民族衣装の白色に染まった。試合は、FWアリが今大会8得点目となるゴールを決めるなど、元日本代表監督のザッケローニ氏が率いるUAEを4―0で下した。

 だが、観客席からはペットボトルや履物が投げ込まれたり、カタールの国歌斉唱の際にはブーイングが起きたり、スタジアムは異様な雰囲気に包まれた。アラブ世界では、人に対して履物を投げつけるのは侮辱行為とされる。

 背景には、カタールが2017年6月から抱えるUAEやサウジアラビアなど周辺諸国とのあつれきがある。

 この地域は「湾岸」と呼ばれ、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら