[PR]

 山梨県内も通過するリニア中央新幹線をめぐり、甲府市内にできる新駅の周辺整備の行方が注目されている。新知事に就任する長崎幸太郎氏が、今の整備計画について「一から、見直しに限りなく近い」と語り、白紙の可能性も浮上し始めたからだ。

 周辺整備については、まず横内正明前知事が新駅と県内各地を結ぶ「交通結節点」の役割(乗り継ぎ機能)を主体とした方針を打ち出した。

 2015年2月に就任した後藤斎知事は、新駅周辺を「リニア環境未来都市」とするコンセプトを掲げ、環境との共生や新たなライフスタイルの実現を目指した。

 具体的には新駅北側の14ヘク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら