[PR]

ワシントン・ポスト紙ファクトチェック責任者のグレン・ケスラーさん

 私たちは、政治家が正しく発言しているか、データや過去の発言と照合して検証する「ファクトチェック」を続けています。トランプ大統領は、事実と異なる発信の数、内容の異質さで例をみない政治家です。就任から2年間で発した虚偽の回数は、8158。2年目は1年目の3倍の頻度でした。中間選挙遊説が押し上げました。

1959年生まれ。ホワイトハウスや米外交・経済政策を長く取材。98年にポスト紙入り。2011年から「ザ・ファクトチェッカー」の肩書で活動。

 代表的なパターンが自らの業績の美化で、「米経済は史上、最も好調だ」が典型です。次が政敵攻撃。「民主党は犯罪の政党だ」などです。三つ目のパターンが「事実の捏造(ねつぞう)」。例えば「USスチール社は新たに6プラントを立ち上げた」といった主張です。全く根も葉もありません。専門家はもちろんトランプ氏に近い人にも、どこから出てきた話か謎です。

 トランプ氏の場合、最も特徴的なのが同じ虚偽発言を延々と繰り返すことです。ふつう政治家は虚偽を指摘されると、主張を取り下げるか、訂正するものです。トランプ氏は確信犯で、プロパガンダ(宣伝)とみなすべきでしょう。

 私たちは、ファクトチェックの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら