【動画】1敗で首位の豊島将之二冠と羽生善治九段の直接は豊島二冠が勝利=佐藤圭司撮影
[PR]

 佐藤天彦(あまひこ)名人への挑戦権を争う第77期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の8回戦全5局が31日、東京、大阪の両将棋会館で一斉に指された。ともに6勝1敗で首位の羽生善治九段と豊島将之二冠の直接対決は、豊島二冠が勝って7勝目を挙げた。同じく1敗だった広瀬章人竜王は深浦康市九段に敗れ、羽生九段とともに6勝2敗となり、挑戦権争いから一歩後退。豊島二冠が単独首位に立った。

 また、4勝3敗同士の佐藤康光九段と糸谷哲郎八段の一戦は糸谷八段が勝った。2勝5敗の稲葉陽(あきら)八段と0勝7敗の阿久津主税(ちから)八段の対戦は稲葉八段が勝った。3勝4敗同士の久保利明王将と三浦弘行九段の対戦は久保王将が勝った。

 最終9回戦は3月1日に行われ、羽生九段と広瀬竜王が直接対決、豊島二冠は久保王将と対戦する。豊島二冠は勝てば挑戦決定、負ければ羽生―広瀬戦の勝者と後日にプレーオフが行われる。

【8回戦までの成績】7勝1敗=豊島二冠、6勝2敗=羽生九段、広瀬竜王、5勝3敗=糸谷八段、4勝4敗=佐藤九段、久保王将、3勝5敗=稲葉八段、三浦九段、2勝6敗=深浦九段、0勝8敗=阿久津八段(降級)(村上耕司)