[PR]

 「本当にしんどい日々だが、夫が学校に追い詰められたと認めてもらえて、少し救われた気持ちになった」。私立大阪緑涼高校の教頭だった夫(当時53)を自死で亡くした妻(46)=奈良県在住=は、労災認定の通知を受け取った後、取材に小さな声で語った。

 「明るくてよく笑う人」だったという男性の様子が変わったのは昨年1月ごろからだったという。帰宅後もパソコンを開いて仕事に追われ、休日も自室で書類を広げていた。子煩悩で優しい夫だったが、子どもと出かける機会は減り、笑顔も消えていった。

 男性が亡くなった昨年3月のことを思い出すと、今も胸が詰まる。

 男性は休日も朝から出勤してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く