[PR]

 奈良県警橿原署で1日、節分を前に「交通安全等豆まき大会」があった。奈良芸術短期大付属聖心幼稚園(橿原市久米町)の園児約40人や市観光PRキャラクターの「さららちゃん」が参加し、安全を呼び込んだ。

 現れたのは、署員が扮する「飲酒運転オニ」「詐欺・テロオニ」「誘拐オニ」。鬼たちの迫力におびえて教諭に抱きつく子も。さららちゃんが「待てー、鬼たち!」と登場すると、園児らも元気よく鬼退治を開始。声を上げながら、豆の代わりにボールを投げた。

 園児たちはその後、「信号を守ります」などの約束事を宣誓。改心して再び出てきた鬼たちと記念撮影したり、パトカーに体験乗車したりした。

 霜野圭佑ちゃん(6)は「ボールが当たると鬼が逃げていったから、怖くなかった。鬼をやっつけるのが楽しかったです」。山本隆史交通課長は園児らに「みなさんに勇気をもらいました。ありがとう」とあいさつした。(高橋杏璃)