[PR]

 皇太子さまの新天皇即位に伴い、5月1日に施行される新元号について、安倍晋三首相は4月1日に閣議決定し、公表する方針を固めた。新元号を記した改元の政令は4月1日に現天皇陛下の署名・押印をもって直ちに公布する。首相が自ら、1月4日の年頭会見で公表する方向で最終調整している。政府関係者が明らかにした。

 憲政史上初めての天皇退位による新元号は、改元1カ月前の公表となることが確定した。政府は一時、事前公表に反対したり、新天皇による公布を主張したりした保守層への配慮から、より遅い時期の公表も検討。しかし、税や社会保障を含む行政システムの改修期間を一定確保し、国民生活の混乱を避けることを優先した。

 改元の政令は今の天皇陛下が署名・押印した後、ただちに官報に掲載して4月1日中に公布。1カ月後の5月1日に施行される。

関連ニュース