[PR]

 1日午前0時15分ごろ、東京都渋谷区神宮前1丁目で「車が人をひいている」と119番通報があった。警視庁によると、軽自動車が原宿駅近くの「竹下通り」の一方通行を逆走し、人を次々とはねた。男性8人がけがをし、うち1人は意識不明の重体という。

 警視庁は車を運転していた住所、職業いずれも不詳で、自称日下部和博容疑者(21)を殺人未遂の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、身柄を確保された際に「テロを起こした」などと話したという。

 逮捕容疑は、1日午前0時10分ごろ、渋谷区神宮前1丁目の路上で、東京都練馬区の10代の男子大学生に対し、軽自動車を衝突させて全治不明のけがを負わせたというもの。

 警視庁によると、車は大阪ナンバーのレンタカー。明治通りから竹下通りに入り、周辺で人をはね、約130メートル走ったところで止まった。運転していた男は一時逃走したが、約20分後に発見された。警察官の職務質問に対し、車で人をはねたことを認めたという。竹下通りは当時、初詣を前に交通規制されていたという。

 警視庁と東京消防庁によると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら