[PR]

 1日未明、軽乗用車が東京都渋谷区の竹下通りを逆走し、次々と人をはねて8人が重軽傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された住居、職業いずれも不詳、自称で日下部和博容疑者(21)が「死刑制度に対する報復でやった」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。車内からは灯油の入ったポリタンクも見つかったという。警視庁が詳しい動機を調べている。

 捜査1課などによると、日下部容疑者の逮捕容疑は1日午前0時10分ごろ、渋谷区神宮前1丁目の路上で、練馬区に住む男子大学生(19)をレンタカーの軽乗用車ではね、頭部に全治不詳のけがを負わせたというもの。容疑を認めているという。

 男子大学生は意識不明の重体。竹下通りでほかに19~51歳の男性7人がはねられ、うち4人が重傷という。

 日下部容疑者は「大阪からレンタカーに乗ってきた」「31日に東京に着いた。明治神宮に入ろうとしたが規制で入れず、近くで止まっていた」とも供述しているという。逮捕前には、捜査員との間で「テロを起こした」といった趣旨のやりとりもしたという。

 軽乗用車の後部座席には、20…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら