[PR]

 毎年、年末年始に佐渡東署と佐渡西署に届く匿名の寄付金が、今年も届いた。

 佐渡東署によると、12月31日午後5時40分ごろ、署員が署の駐車場で、9320円分、365枚の硬貨が入った袋を見つけた。中には「毎日1枚ずつ集めた小銭です。交通事故などで困っている人に少しでも役立てば幸福です。月光仮面」と書かれたメモも入っていた。月光仮面を名乗る寄付は1974年から続いているという。

 また、1月1日未明には佐渡西署佐和田幹部交番の入り口でも硬貨の入った袋が見つかった。署によると、中には1万6034円分の硬貨746枚と「1年間財布の中の小銭を集めたものです。わずかですが交通遺児のために使って下さい」と書かれたメモが入っていた。この寄付は1987年から続いているという。

 両署では毎年、この寄付を県交通遺児基金に送金しているという。