新年恒例の一般参賀が2日、皇居であった。4月末に退位する天皇陛下にとっては在位中最後の参賀。早朝から長い列ができ、平成最多の15万4800人が訪れた。宮殿のベランダへの登場は当初5回の予定だったが1回増やされ、それでも見られなかった人が大勢いたことから、天皇、皇后両陛下の強い意向で急遽(きゅうきょ)、もう1回追加された。陛下はマイクを通じ「本年が少しでも多くの人々にとり、良い年となるよう願っています。年頭にあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と語った。(多田晃子)