[PR]

 初詣客でにぎわう伊勢神宮(三重県伊勢市)内宮(ないくう)前の「おかげ横丁」で1日午前0時ごろ、若者らが石灯籠(どうろう)の形状をした常夜灯によじ登る騒ぎがあった。三重県警はこのうちの1人の20代男性を厳重注意した。

 伊勢署によると、横丁の入り口にある高さ約3メートルの常夜灯に20代男性がよじ登り、衣服を脱ぎ捨てたり、紙幣をばらまいたりした。さらに別の数人もよじ登ったという。当時は初詣客で混雑していて、雑踏警備にあたっていた警察官が20代男性を厳重注意した。

 おかげ横丁の運営会社によると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら